奥州之霊場 弥勒寺
【ボタン】 HOME 【ボタン】 当山のご案内 【ボタン】 御供養・御祈祷 【ボタン】 こころの絵図 【ボタン】 年間行事 【ボタン】 当山の仏様 【ボタン】 みろく尊大祭
【タイトル画像】 当山のご案内
【サブタイトル画像】 沿革

 当山弥勒寺の草創は、今から千三百有余年の昔、白鳳五年(7世紀)に、修験道の開祖と仰がれる役の行者が、天下泰平と五穀豊穣を祈って、一宇の草堂を建立したのが始まりとされ、また、弘仁年間(9世紀)に、弘法大師が、奥州ご巡錫の折、当山で弥勒尊の大法を修したとも伝えてれております。

 平泉の藤原氏との関係も深く、三代秀衡公が、亡父基衡公追善のため、四十八坊を造営し、藤原氏の祈願所としたと伝えられ、今日でも、二代基衡公の位牌をお祀りしております。

 その後、葛西・大崎両氏により、二十四坊が再興され、当山を菩提寺としたと伝えられますが、その各坊も、天正年間(16世紀)、葛西・大崎一揆の際、二度にわたる戦火で、焼失、それを伊達家により再興、さらに、寛永年間(17世紀)、中興第一世快宥和上によって、中興されたと伝えられる古刹寺院であります。
弥勒寺 本堂 画像
奥の細道 三十三霊堂 第十番 看板写真
【奥の細道 三十三霊場 第十番】
 
  現在、有する御堂は、本堂、奥の院、不動堂、御影堂、千体地蔵堂、十王堂、山王堂、宝珠堂、鐘楼堂の九堂です。仏様も数多く、鎌倉時代、春日仏師の作と伝えられる「御本尊彌勒佛坐像(宮城県重要文化財)」、 その夾侍で、 運慶・湛慶の作と伝えられる迦葉尊者・阿難尊者を始め、不動明王、大日如来、地蔵菩薩、薬師如来、秘仏歓喜天(お聖天)、毘沙門天、閻魔大王、山王権現、千手観音、弁才天、倶利迦羅龍王、弘法大師、興教大師など多くの仏様がお祀りされており、また、榧、銀杏、杉、桜、樫、桧、松、どうだんつつじなどの古木に囲まれ、宝珠、板碑なども保存されております。

 当山は、古来より、「北上川の弥勒尊」として、最上川、相模川の弥勒尊と共に、「日本三弥勒尊の一つ」、あるいは、藤原秀衡公の深い高野山信仰の関わりから、「奥州の高野山」とも称されており、また、「奥の細道三十三霊場・第十番札所」、「陸中国十三仏・第六番札所」になっております。

 当山弥勒寺は千三百有余年の法灯を受け継ぎ、真言宗智山派に属し、心の道場、心のよりどころとして、密法を今日に伝えています。







→→詳しくはこちら(gloogleマップ)をどうぞ。
【サブタイトル画像】 お寺の概要

名称 宗教法人 弥勒寺
住所 〒987-0602
宮城県 登米市 中田町 上沼 字弥勒寺 寺山 63
電話 0220−34−6763
FAX 0220−34−7528
宗派 真言宗 智山派 (真言宗智山派ホームページ)
山号 長徳山
院号 歓喜院
寺号 彌勒寺
住職 杉田 広仁
HPアドレス http://www:mirokuji.or.jp

【サブタイトル画像】 地図

★弥勒寺までの交通のご案内 (車の場合)
 
  • 三陸道 登米 I.Cから7分
  • 東北新幹線くりこま高原駅から30分
  • 東北新幹線古川駅から1時間
  • JR東北本線石越駅から20分
  • 東北道 古川 I.Cから1時間
  • 東北道 若柳金成I.Cから30分
  • 気仙沼から1時間(R45−R346−R342、本吉経由)

  • 御供養・御祈祷 バナー 弥勒尊大祭バナー
    HOME ▲ 上に 戻る
     当山のご案内 | 御供養・御祈祷 | こころの絵図 | 年間行事 | 当山の仏様 | みろく尊大祭
    Copyright 長徳山 歓喜院 弥勒寺 Co., Ltd. All Rights Reserved.
    掲載記事・画像の無断転載を禁じます。 当サイトでは、JavaScript・スタイルシートを使用しています。